ペットの成長を記録するか?

ペットの成長を記録する

ペットの成長記録これは、ペットを飼っている人を対象に行われたアンケート。
「自分が飼っているペットの成長記録を、記録するかどうか」と言うものなのですが、こちらに関して実に85パーセント以上が「記録する」と回答していることが解ります。
ペットは、私たちにとって大切な家族の1人。
だからこそ、子供の写真を撮影するのと同じ感覚で、ペットのことも写真に収めるという人が多いのではないでしょうか。

特に、ペットが赤ちゃんの頃から飼っていた場合、小さい頃にミルクを飲んでいる姿から、ご飯を食べることができる様になった姿まで、多くのものを見ることになります。
だからこそ、ペットに関しては特別な思い入れがある人が多く、そういう人が「ペットの成長を記録したい」と言う様に考えるのではないでしょうか。
ペットの成長記録を写真にしたり、フォトブックにしたり・・・そういうことをしていくのも、本当に楽しいですよね。

また、多いのが「子供とペットの成長記録を一緒につける」と言うこと。
これは、意図して行うのではなく「結果的にそうなった」と言うことが多いみたいですが、子供が小さいうちにペットを飼うと、子供が大きくなっていく姿とペットが成長していく姿の両方を見ることができるのですよね。
ペットの成長は、子供にとっても大きなことで、成長していく上でいい刺激になります。
だからこそ、いずれ迎えなければならない「死」がより悲しいのでしょうが、そこから子供が学ぶことというのは決して小さなものではないはず。

写真を撮る

私もペットを飼っていますが、デジカメや携帯のカメラ機能を使って、たくさんの写真を撮るようにしています。
人間の子供が成長するのはあっという間といわれていますが、それは動物にも言えることのようで、やはり動物の赤ちゃんが成長するのもあっという間です。
最初に拾った時は、スポイトでミルクをあげていたのに、今は自分できちんとご飯を食べている・・・飼い主にとっては、驚くべき成長です。

また、もちろんですが「予防注射の記録」に関してもしっかりとつけています。
予防注射はとても大切なものなので、いつどこで、どんな注射を打ったのかという記録は必ず残しておかなくてはなりません。
予防注射の存在は、ペットを守ってくれるもの。
ペットの健康のことを考えれば、受けさせずにはいられないものです。
私はどの予防注射を受けたのかは「ペット専用手帳」に書いて、その成長を細かく記述する様にしています。