TNR活動

野良猫こちらも、年間を通して問題になっているニュースを取り上げます。
ペットについてのニュースを検索してみると、確かに毎月の様に事件も起きていますが、それだけでなく「常に問題になっているもの」の解決を目指すことが非常に重要であることが解ります。
こういった問題についても、ペットニュースで取り上げていきたいと思います。

TNR活動とは

TNR活動というのは、主に「野良犬」ではなく「野良猫」に対して行われる活動です。
野良犬の場合、どんな地域でも殺処分の対象になることが多いですが、野良猫の場合は「仮に保健所に連れて行ったとしても、殺処分にはならない」という対策をとっているところもたくさんあります。犬と違って猫は「噛み付く」などの被害がありませんので、「なるべく殺処分はしないように」と考える行政が増えている様ですね。
行政にとっても、増え続ける野良猫・野良犬は大きな問題になっており、「少しでも殺処分をする動物を減らすことができる様に」と考える人が増加している様です。確かに、保健所の人だって、好きで殺処分をしているわけではないですものね。
さて、そんな野良猫たちに対して、「TNR活動」という活動を行う団体が、全国に存在する様です。
TNR活動とは、「猫を捕まえて去勢する→そこで不幸な子猫が増えないようにする」という活動のこと。この活動に関しては、以前にも「増え続けるエサやりVS住人のニュース」でも取り上げました。
この活動をすることで、その場所には新しく子猫を生む猫がいなくなります。つまり、「生まれても、死んでいく子猫がいない」ということです。

しかし、問題も大きいTNR活動

しかし、TNR活動は問題点も大きく、それがクローズアップされることも多いです。
それは、「団体側の活動方針に問題がある」ということも事実で、このTNR活動をしている人がいるために、地域の猫に対する目が非常に厳しくなっていることもあります。
それは、団体側が住人の話をまったく聞かないこと。
「猫の命を守って何が悪い」といわんばかりの態度で、周辺住人からの話を聞くこともなく、ただ自分たちの正義のみを貫く団体がなんと多いことか。
この様な団体の存在が、猫たちの居場所を狭くしているといっても過言ではありません。
問題が大きくなれば、被害にあうのはこの猫たちです。猫たちが悲しい思いをしなくてすむようにどうしていけばよいのか、この活動はしっかりと周辺住人と話し合いをしたうえで、続けていくべきと思います。