作成者別アーカイブ: SLmon7uK

猫がストレスに感じるのはどんな時?

猫もストレスを感じることがある

猫を見ているといつものんびりとしていて、あくびをしたり好きにくつろいでいるように思えるかもしれません。
ですが猫も実は、ストレスを感じることがあります。
人も不安や緊張を感じるとストレスにつながりますが、猫もさまざまな場面でストレスを感じることがあるのです。

そこでここでは、猫がストレスに感じるときがどのような場面なのかと、ストレスを感じる理由について紹介します。
猫を飼っている、もしくはこれから飼おうと考えている場合には、ぜひ参考にしてください。

猫がストレスを感じるときと理由を紹介

猫がストレスを感じやすい場面として、まずは「ほかの猫と一緒に過ごすとき」が挙げられます。
猫を1匹飼うと、もう1匹飼いたくなることはよくあります。

しかし猫の様子を見ていると分かりますが、あまり集団で行動することがありません。
そのため複数の猫が近い場所にいると、ストレスを感じる原因になってしまうのです。

あまり見慣れない猫がいると、もう一方の猫は敵対心や不安を感じることがあります。
ストレスを感じているときは猫が頻繁に毛づくろいをしたり、ごろごろと頃だったりすることがあります。
こうした様子を見せていたら、なるべく飼っている猫同士を離れた場所で過ごさせるようにするのがおすすめです。

次に猫がストレスを感じる原因として、「飼い主が面倒を見すぎること」が挙げられます。
猫は見ているとかわいいため、つい飼い主が構いすぎてしまうことがあります。
猫を見かけるたびに抱っこをしたり、頭を撫でたりしていると、猫がしつこく感じてしまうのです。

人も相手に対して頻繁に話しかけすぎると、相手の人が嫌がってしまいます。
適度に距離を保ちつつ、ほど良くコミュニケーションをとることが大切です。
猫もこれと同じで、様子を見ながら可愛がるようにしましょう。
猫はしつこい人が苦手なのです。

もうひとつ猫がストレスを感じる原因として、「ほかの人が来る場合」が挙げられます。
たとえば友人や知人を家に招くときには、猫がストレスを感じやすいです。
あなたはエサをあげたり抱っこをしたりしているため、猫が信頼してくれます。
ですが見慣れない人が来ると、猫は「この人は自分に危害を加えるのではないか」と怖くなってしまうのです。

誰かを家に招くときは、猫が怖がるかもしれないことを伝えておくと良いでしょう。
そうすれば友人も配慮してくれて、抱っこをするなどのように、猫を安心させてくれます。

なるべく猫のストレスを和らげよう

このように、猫もさまざまな場面でストレスを感じることがあります。
こうしたストレスをできるだけ感じさせないような環境を作ると共に、もし猫がストレスを感じているようなら、なるべくリラックスさせてあげましょう。

ストレスを長く感じていると、猫も体調を崩したり病気になったりしてしまうことがあります。
いつも様子を確認して、早めに対処することが大切です。