カテゴリー別アーカイブ: 2017年のニュース

鳩の餌やり禁止条例

鳩に餌をあげてはいけない?

昔であれば厳しいことを言われませんでしたが、今では野生動物に餌をあげる行為が禁止されています。

餌やりで特に有名なのが「鳩の餌やり禁止条例」です。
鳩の餌やり禁止条例とは、鳩に餌をあげてはいけないというシンプルなルールなのですが、シンプルゆえに守ってもらえない・・・ということもあります。

人によっては知らなかったからあげてしまった、もしくは、ちょっとだけあげる程度であれば良いだろう・・・なんてことを思ってしまい、禁止条例であることを知っていてもついついあげてしまう人がいるのです。
しかし、野生動物に一度でも餌をあげてしまうと、次も餌をもらえると思い込んでその動物がさらにまた来てしまうトラブルが発生します。

それは鳩も同様です。
多くの鳩が餌をもらおうと、餌をよくもらえる場所に飛んでくるわけですが、問題は餌をあげてしまった本人にだけ発生するわけではありません。
このような鳩は、餌を何度ももらっている内に餌はもらえて当然・・・という状況で、餌を良く欲しがるようになるからです。

そのため、餌をもらえない場合は長く公園など、餌をもらえる場所にたむろってしまうこともあり、場合によっては公園を汚してしまう、周辺住民から苦情が発生することもあります。

このような問題が起きてしまうと、場合によっては問題を解決するのに時間がかかりますし、なにより餌をあげた本人にとっても不名誉なこととなります。
野生動物は自分で餌を得て生きている生き物なので、安易に餌をあげてしまってはいけないことを良く理解しておきましょう。

その他の理由

鳩の餌やり禁止条例の制定には、他の理由もあって制定したという背景があります。

例えば、鳩の餌やりを禁止していなかった場合は、鳩の数が急に多くなってしまったという問題が起きました。
野生動物というのは、野生に存在する食べ物を食べて生きているので、人間が思っている以上に栄養の摂取量が多いわけではありません。

そのため、安定したサイクルで繁殖する・・・のですが、鳩の餌やりなどを放置していると餌やりが過剰になってしまい、自然のサイクルを破壊してしまう・・・、そして、野生動物が急に何度も繁殖するようになってしまうのです。

他にも、数が多くなった野生動物というのは、家の周辺に糞を撒き散らすこともありますし、さらに数が多いため凶暴化してしまうケースもあります。
このような問題だけで問題が少しずつ鎮圧できれば良いのですが、景観を悪くするだけでなく、場合によっては人の持つ餌を求めて襲いかかるケースも存在します。

近年では、鳩だけでなくクマなども人から餌をもらってしまったせいで、人里に下りてくるというケースが存在するので、このような餌やりは行わないほうが賢明でしょう。