住宅のペット問題、あちこちで頻発

マンションでのペット問題じつは、あちこちで住宅のペット問題が頻発しています。
特に、ペット可のマンションはそれが顕著ですので「何が相手への迷惑になるのか」をきちんと考えなければなりません。
自分は平気でも、もしかしたら誰かにとっては本当に不快なことであるという可能性もありますので、そのことをきちんと考えていくことが必要です。
では、どんなことが問題になりやすいのかをここで考えていきましょう。

共用スペースをペットを連れて歩かない

これはトラブルが多い事例の一つですね。
マンション内の通路歩くとき、ペットをどうしていますか?
もし小型犬であれば、歩かせるのではなく抱っこして歩くことがルールですので注意しなければなりません。
また、抱っこできない犬であれば邪魔にならないように歩かせること、リードをきちんと持って、誰かにとびかからないようにしておくことが大事です。
以前、芸能人夫婦が飼っているドーベルマンが同じフロアの住人にとびかかり、大変な事件になったことをご存知でしょうか。
これは子供にリードを持たせていたために起きたことですが、犬を飼っている人ならだれにでも起きる可能性があることです。
もし、犬が相手を噛んだとなれば信用問題になりますので、どんなことがあってもリードは離さないようにしましょう。

きちんと規則に従った生活をすること

ペット可のマンションに住んだ場合は、必ずそのマンションの規則を守ってください。
マンションによって、飼っていい動物の種類や大きさが決まっていることがあります。
事前に申請が必要になるはずなので大丈夫だとは思いますが、これから外れると罰金や退去を迫られる可能性もありますので注意してください。
規則に沿った生活をするのは当たり前のことですが、この当たり前のことをするということができない人もいますので、注意しなければなりません。

アレルギーがある人が住んでいる可能性もあります

犬や猫の毛でアレルギーを起こす人が同じマンションに住んでいる可能性もありますので、それに配慮をしましょう。ペットの扱いには十分に気を付けること、住人に過剰に接触させないなどの配慮もしなくてはなりません。
ペットによるトラブルを抑えることができるかどうかは飼い主の裁量にかかっていることも多いので、きちんと管理をすることが大切です。周囲の迷惑にならないような管理を心がけておきたいですよね。
何が誰の迷惑になるのか、それをきちんと考えた上で、行動されていくことをオススメします。