野良猫のTNR活動

捨て猫・捨て犬の厳罰化を

前回に「野良猫のエサヤリ禁止条例」についてお話をしましたが、「単にエサヤリを禁止するだけでは何も解決しない」という指摘があることも事実。
確かにエサヤリから猫が集まることも、そこから子猫が増えることも間違いない事実ですが、人間が猫を捨てるから増えるということも間違いのない事実です。
いまだにペットをアクセサリー感覚で飼う人間がいることは、やはり人間の恥であるとしか言いようがありませんものね。
なので、法律をもっと強化して「捨て猫が出ないように工夫をする」という方法も挙げられていますね。
確かに、捨て猫がいなければ過剰に野良猫が増えることもありません。
今でも動物の遺棄は罰になっているものの、やはりあまり効果がない・活かされていないということも挙げられていますので、今後は根本的な問題解決がされていくことが望まれます。
確かに、人間の勝手で野良猫が増えている一面もあるのに、野良猫を一方的に悪者にするばかりではいけませんよね。

そこで、提唱されているのがTNR

そこで、よく言われているのがTNR活動というもの。
TNR活動では、野良猫たちを去勢・避妊してもとの場所に戻し、エサを与えて命をまっとうさせるという活動になります。
去勢・避妊をすることで子猫が生まれなくなりますし、オスの場合はマーキングもなくなりますので、近隣の住民にとっても「迷惑行為がなくなる」というメリットがあります。
これを動物愛護団体などが行っており、このTNRを積極的に取り入れている自治体もあるそう。
さらに多くの自治体がこのTNRに理解を示してくれると、ネコと人間の共存が可能になるのかもしれません。

しかし、TNRにも反対の声があるのが現実

TNR活動を行い「地域猫」として可愛がることを受け入れている地域があっても、その地域すべてのひとがTNRに賛成しているとは限りません。
残念ながら、反対も多く住民が理解を示していないところもあるのが現状です。
このような場所ではボランティアが活動を行っていますが、ボランティア団体と地域住民のトラブルが絶えず喧嘩ばかり…といった地域も存在するのが現状です。
誰もが猫を好きなわけでもないですし、諍いがあるのは仕方がないことなのかもしれませんが、「命」を守るために一体どんなことができるのか?を今後も考えていきたいですね。
猫と人間、双方が共存して生きていくこと、そして生活をしていくことはここまで難しいことなのでしょうか。
いろいろなことを考えます。