認知症の治療にドッグセラピーが注目

認知症の治療にドッグセラピーが使われている

ドッグセラピー認知症の患者の治療に、「ドッグセラピー」といって動物が用いられていることをご存知でしょうか。
動物には、人を癒したり励ましたりという不思議な力があることが解っています。
そんな動物の力が、なんと「認知症緒患者に有効」ということで、注目されていることが解っているそう。
そのような中で、注目されつつあるのが「認知症のドッグセラピー」です。
認知症のドッグセラピーとは、一体どんなものなのでしょうか。

認知症の患者は、辛い経験を思い出すことが多い

実は、認知症になると過去にあった辛いことを思い出しやすいと言われています。
失敗や後悔は人生の中で誰もがもつものですが、それを思い出して人間関係に積極的になることができなかったり、人がたくさんいる場所は避けたり、という消極的な行動に出てしまう人も少なからずいるとか。
認知症になってしまったからといって、これまで積極的だった人が家に閉じこもってしまうようなことは辛いものです。
しかし、こういった患者さんが動物と触れ合うことで癒され、前向きな人生を送れるようになることがあるとか。
動物には、人を元気にしたり癒したりという力がありますので、動物と触れ合っている時だけは表情が輝き前向きな姿勢を見せることがあるそう。
これはやはり、動物が持つ素晴らしい力であると考えて良いでしょう。
このため、認知症の治療をするのにドッグセラピーが使われているということがあるとか。
犬たちと触れ合うことで、認知症の患者が生き生きとした生き方を取り戻すことができるようになるといいですよね。

ドルフィンセラピーは有名かも

ドッグセラピーではなく、イルカと触れ合うことで癒しの効果を得ることができるという取り組みも行われています。
これは、よく発達障害の子供とのふれあいにも使われていますよね。
イルカには癒しの効果があるというのは良く言われていることですので、そういった効果をこのドルフィンセラピーで得ることができるのかもしれませんね。
もちろん発達障害は「障害」なので根本的な治療ができるわけではありません。
でも、イルカと触れ合うことが療育につながる可能性も高いと言われており、発達障害児にいい影響を与える可能性があるというのはまちがいなさそうです。

このように、動物の力を利用して活かすという試みが多くの場所で行われていますので、機会があったら触れ合ってみたいですね。
ドルフィンセラピーに関しては、わりと多くの場所で行われていますので、探してみると参加できるものが見つかるかるかもしれません。
ぜひ、イルカとの触れ合いを楽しんでみてくださいね。