ハリネズミの飼い方

どのような環境で飼えば良いのか

近年では、ハリネズミを飼う人が増えてきました。

ハリネズミというと、「飼いにくい、獰猛、ハリが痛い」というイメージがあったため、飼うのに適していないと言われていることもありました。
しかし、今では「飼いやすい、大人しい、ハリは少し痛い程度」という事実が明らかになったおかげで、気楽に飼える動物として親しまれるようになったのです。

ただし、ハリネズミの飼い方として、「ケージ、ガラス水槽で飼う方法」を知っておいたほうが良いでしょう。
例えば、ケージというのは「すき間があるプラスチック製の檻」と思って問題ありません。
なので、小動物を飼う際にケージを選択する人が多いのですが、ハリネズミは臆病な性格なので、ケージ内を明るくしすぎないということが重要になってきます。

また、可能であれば「ペットヒーター、保温電球」を取り付けられるケージを選択するようにしましょう。
ケージは壊れやすいという短所がありますので、購入前に丈夫なものを購入するのも大事です。
後は、餌を上手にあげられるように、ケージの出入口付近に餌箱を置けそうか確認し、適度なサイズであるかを確認してから購入します。

次にガラス水槽ですが、ケージと同じで「保温性があるかどうかをチェック」してから購入します。
そして、「重いガラス水槽は購入しない」ようにしましょう。
ガラス水槽は重いものほど持ちあげるのが大変なので、管理するのも大変になってしまう、もしくは持ち上げた後に落として割ってしまうリスクが生じます。

そのため、重いガラス水槽を避けて、ハリネズミの飼育に適しているものを選択しましょう。
ケージとは違い、「衛生面が悪化しやすい」という短所があるので、管理が面倒という人は無理にガラス水槽を購入する必要はありません。
ただ、ガラス水槽のほうがハリネズミも自由に動き回れるので、自由なスペースを少しでも大きくしてあげたい、夏、冬でも温度変化が小さいものを購入したいという場合は、ガラス水槽の購入を検討したほうが良いです。

噛みつき癖が付いた場合は?

ハリネズミにも猫や犬と同様で、「噛みつき癖を持っている、噛みつき癖を覚えてしまう」ケースがあります。

また、猫や犬とは違い「反抗の意思があって行なっているわけではない」ので、躾にも注意したほうが良いです。
ハリネズミは神経を尖らせていることが多いので、ケージ、ガラス水槽などの小屋を叩いてしまう、大きな音を出さずに餌をあげることも大事です。

ストレスが溜まってくると、普段では見られない行動が発生しやすくなり、その1つとして噛みつき癖が目立つようになるのです。
後は、餌の臭いが付いている指をハリネズミに向けないようにしましょう。
向けてしまうと、「餌?」と思ってしまいハリネズミが噛んでしまいます。